Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット

本気で痩せる!半年で-10kgの減量に成功した経験から、独学で栄養士の資格取得を目指し勉強中◎辛い食事制限や激しい運動をせずに健康的に痩せる方法をご紹介していきます!◎

チョコレートはダイエットの敵じゃない!?意外と知らない健康効果。


<スポンサーリンク>





甘くて美味しい、おやつの代表格とも言えるチョコレート






ダイエットの天敵とも思われがちな食品ですが、最近の研究ではチョコレートはダイエットに悪いどころか

うまく摂取すれば健康な体をつくるのにとても効果的だということがわかっています◎



またテレビなどでもチョコレートで痩せると紹介されたこともあり話題になりましたが

チョコレートは実際のところ太るのか?痩せるのか?
いろいろな説が出回っています。



今回はそんなチョコレートの健康効果、
健康的に美味しくチョコレートを摂る方法などを調べてみました*




<スポンサーリンク>



チョコレートと健康にまつわるウソ・ホント



太る


チョコレートを食べると太る、というのが
一般的なよく思われている認識だと思いますが


結論から言うと
別にチョコレートに限らずカロリーを摂りすぎると太ります。


絶対に痩せる!シンプルかつ究極のダイエットの本質。


チョコレート基本的には高カロリーな食品であることは間違いので、食べる量には注意が必要になります。



ただしチョコレートそのものがダイエットに悪いというわけではなく、問題はその量と食べ方なので


ただ単純に
チョコレート=太るというのは間違いと言えます。



痩せる



テレビ番組などでも紹介され、
最近ではチョコレートがダイエットに良いという噂も広まってきました。





ですが、実はチョコレートがダイエットになるという論文の発表は
ドイツのドキュメンタリー番組が仕掛けた嘘の情報だったことがわかっています。



都合よく解釈された科学的データに消費者がいかに乗せられるかということを証明するため
「チョコレートを毎日大量に食べると痩せる」という嘘の記事を科学誌に掲載したところ

その情報が世界中に広まりチョコレートで痩せると言われるようになったのだそうです。



愛知県で行われたチョコレートの大手企業、明治の大規模な調査で、

4週間毎日一定量のチョコレートの摂取することで起こる、様々な健康状態の変化を調べたところ
体重・BMIの特に変化は認められなかったそうです。




[参考:チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告|みんなの健康チョコライフ]



なので体重、BMIの変動とチョコレートは
直接的には関係がないと言えます。



にきび




チョコレートを食べすぎるとニキビが出来る、と聞いたことはありませんか?



日本では都市伝説的によく耳にするです噂ですが

アメリカのペンシルバニア大学の研究結果とFDAというアメリカ食品医薬品局の調査結果では
チョコレートとニキビの関係には科学的根拠がないということが証明されています。




チョコレートを食べすぎるとニキビが出来ると一般的に思われている原因としては、
チョコレート自体が原因ではなく、それに含まれている添加物がニキビに影響を与えているという説が有力とされています。


またニキビが出来やすいホルモンバランスが乱れる時期に
チョコレートのような甘いものが欲しくなる傾向があるためとも言われています。




<スポンサーリンク>



チョコレートの健康効果





チョコレートを食べることが直接ダイエットにつながるという情報は嘘だったということですが
チョコレートは健康にとても良い効果があることは様々な科学的根拠により実証されています*



チョコレートを我慢するのではなく、チョコレートの持つ良い効果をうまく利用して
ダイエットや健康的な生活に役立てることはできるのです!



血圧を下げる



カカオポリフェノールは、動脈硬化の予防高血圧の改善の他、ガンやアレルギー疾患の予防効果があると言われています。





先ほどと同じ明治の調査では、チョコレートを4週間摂取した後と前で

もともと正常血圧の人は変化が小さく、高血圧群の人は、大きく血圧が低下するという、理想的といえる結果が出たそうです。



エイジングケア



チョコレートは抗酸化作用があるカカオポリフェノールを多く含んでいます。


カカオポリフェノールは肌の老化の原因になる活性酸素を除去してくれることでお肌の老化を防ぐことができると言われています。



チョコレートのカカオポリフェノールの含有量は赤ワインの2倍、紅茶の45倍ととても豊富です。



ストレス解消




カカオに含まれるカフェインの一種、テオブロミンには
神経を鎮静する効果や精神をリラックスさせ、ストレスを軽減する効果があることがわかっています。









痩せたい一心で甘いものを我慢してストレスになってしまうよりも

上手にチョコレートを摂取することでイライラの緩和にもつながります🌟



美肌効果




カカオポリフェノールは肌の老化防止に効果がある他、
血行促進、保湿効果などもあるため

肌のキメを整えくすみやシワ、たるみにも効果が期待出来ます。



さらにビタミンE、ナイアシンなどのビタミン類、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどの肌に良いと言われるミネラル類も豊富で
美肌効果のとても高い食品なのです。



虫歯予防



チョコレートは虫歯になるというイメージが強いですが
虫歯のなるのはチョコレートに含まれる白砂糖が原因です。


カカオには元々、ピロリ菌や大腸菌を殺傷する抗菌作用があるり、
さらにカカオバターには、虫歯菌の一種である連鎖球菌の活動を抑える働きがあるので


白砂糖の少ない高カカオのチョコレートや

また虫歯予防に効果があるオリゴ糖や
ビタミン・ミネラルを多く含むてんさい糖を使ったチョコレートを選ぶことで
虫歯を防ぐ抗菌効果が期待出来るのです◎




脳の活性化、うつ病や認知症の予防




チョコレートを毎日一定量摂取することで
脳細胞を増やすために必要とされているBDNFが上昇したという結果が報告されています。


BDNFは特に脳の中で記憶に関する働きをしている海馬に多く含まれ、記憶に関する神経細胞の活動を促進させていると考えられています。

脳の活動を活発化させる非常に重要なBDNFですが、加齢と共に減少していくため
認知症を予防するための多くの研究で注目度が高まっている物質だそうです。



[参考:チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 最終報告|みんなの健康チョコライフ]




またチョコレートなどのカカオポリフェノールを多く含むカカオ製品を摂取すると、脳血流量が上昇することもわかっており、

脳の活性化記憶力の上昇、
うつ病認知症の予防にも多くの期待が集められています。




<スポンサーリンク>




チョコレートのカロリーと1日の摂取量




一般的なミルクチョコレートのカロリーは
100gで約560kcal
ダークチョコレートは約570kcalです。


一日推奨されている摂取量は25g〜最大50g


また、カカオ分の高いハイカカオチョコレートを選ぶのもポイントです。







ダークチョコレートのカカオ分は平均50〜60%、ミルクチョコレートは30〜40%のものが多いですが

健康のためにチョコレートを選ぶ場合は
ダークよりもカカオ分の高い、70%以上のものがおすすめです。





ハイカカオチョコレートの方がカカオの健康効果を効率的に利用できるのですが

実はカカオ分が高くなればなるほどカロリーも若干高くなります。



温かい飲み物などと一緒に、少量をゆっくり味わうように楽しんでみてください🌟




チョコレートで美味しく健康的体へ




美味しく日常的にチョコレートを取り入れて、
ダイエットや健康にも利用できれば一石二鳥の嬉しい効果がたくさん!



ストレスのない、健康的なダイエットにぜひ役立てたい食品です🌟







<スポンサーリンク>