Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット

本気で痩せる!半年で-10kgの減量に成功した経験から、独学で栄養士の資格取得を目指し勉強中◎辛い食事制限や激しい運動をせずに健康的に痩せる方法をご紹介していきます!◎

寝る前にはちみつで痩せる!?美味しく健康に痩せる、はちみつダイエットの効果*


<スポンサーリンク>




甘くて美味しく、お菓子はもちろん
飲み物や料理にも幅広く簡単に使えることでも人気の高いはちみつ


美味しいだけでなく、
健康に良い食材という認識も広く持たれていると思います◎



ビタミンミネラルも豊富で、美肌効果抗菌効果などもあるはちみつですが

健康には良くても
やはり甘くてカロリーが高いはちみつダイエット中は避けるべきと思われる方も多いのではないでしょうか??



実は、はちみつは食べ方によって
ダイエットにもとても嬉しい効果がたくさんあるのです*




美味しいものを楽しみつつ痩せたい、、!という方に!

はちみつで痩せる理由と、おすすめの食べ方をまとめました⋆*✩




<スポンサーリンク>






はちみつの効能




はちみつには健康に良いさまざまな効能がありますが
中でもダイエットに効果が高いと言われているいちばんの理由は、便秘解消効果です。



はちみつに含まれるグルコン酸という成分は、腸内の善玉乳酸菌を増やす効果があると言われおり、

またはちみつの持つ保水作用によって便を柔らかくし排出しやすい状態にしてくれるのです。






便秘が解消されるとそれだけで体重が落ちることがあるほか
代謝が上がり自然とエネルギー消費量をアップさせる事が出来たり、冷えの解消につながるなど

ダイエットには非常に重要な事です*




またはちみつにはカリウムも豊富に含まれているので
むくみの解消にも効果が期待出来ます。


そのほかはちみつは糖分の中でもGI値が低い部類に入るので
急激な血糖値の上昇を防いでくれることで
ダイエット糖尿病予防など、健康に良いと言われているのです◎




寝る前はちみつダイエットとは





就寝前にはちみつを食べると痩せるという
寝る前はちみつダイエット


いくらはちみつがダイエットにも良い効果がたくさんあると言っても
寝る前に食べると痩せるなんて本当なの??と少し疑いたくなるような方法なのですが


寝る前にはちみつを食べることで、成長ホルモンの分泌が促され寝ている間も効率良く脂肪を燃焼する効果があると言われています。




また就寝時に胃腸に食べたものか残っていると、消化器官が十分に休まらず
質の良い睡眠となりにくいのですが


その点はちみつは固形物ではないため胃腸での消化吸収が早く、寝る前に食べたはちみつは寝ている間の成長ホルモンを分泌するエネルギーとしてすぐに使われやすいのです。



また甘いはちみつにはリラックス効果があるので、
自律神経を整え睡眠の質を高めてくれたり

また豊富なビタミンミネラルで美肌にも効果が期待できるなど
ダイエット以外にも嬉しい効果がたくさんあります。



はちみつのもつ便秘解消効果も、夜寝ている間に善玉乳酸菌の活動を活発にしてくれることでより効果が高まるので
寝る前はちみつがオススメな理由のひとつとなります◎




<スポンサーリンク>




寝る前はちみつダイエットのやり方




寝る前はちみつダイエットのやり方はいたって簡単!

就寝の約一時間ほど前に、大さじ一杯のはちみつを食べるだけです。






この1時間前と、大さじ一杯というのがポイントで

寝る直前に食べたり一度にたくさんの量を食べてしまうと
糖質過多になり、単純にカロリーオーバーで逆に太る原因となってしまいます。




十分に消費し、きちんとエネルギーとして寝ている間に使われるようにするためにも
時間分量は守るように気をつけてください*




またいくらはちみつが固形物ではないため消化吸収が早いと言っても
食べるタイミングがあまりに寝る直前すぎると、十分に消化されないまま寝ることになってしまいます。


消化されないまま寝てしまうと十分にエネルギーとして寝ている間の脂肪の燃焼に使われず、
また胃の中に残った食べ物は消化器官に負担をかける原因となるので

寝る前1時間というポイントにも気をつけるようにしましょう⋆*✩



寝る前はちみつダイエットの注意点




美味しくてダイエットになる、とても嬉しい方法ですが

はちみつダイエットには気をつけなければ逆効果になってしまう注意点がいくつかあります⚠️



夕食は就寝の3時~4時間前までに




寝ている間、脂肪を燃焼させる成長ホルモンを十分に働かせるには、質の良い睡眠を取ることも重要です。



胃の中に食べ物が残っていると、消化器官が休まらず睡眠の質を下げることになるので

夕食は寝る3時~4時間前にすませるようにしましょう。




どうしても寝る3〜4時間前に夕食を取ることが出来ない場合は

夕方のご飯と夜食の2回に分け、夜食には消化の良いものを軽めに食べるのがオススメです。






夜ごはんは炭水化物を控えめに




はちみつの糖質は脂肪を燃やすエネルギーになり健康に良い効果がたくさんあるものなので
摂り方を工夫する事でダイエットにも効果的ではありますが

はちみつ自体は糖質やカロリーが高い食品であることも事実です。



寝る前にはちみつ食べる分、糖質の摂りすぎとならないために夜はご飯など炭水化物を軽めにするように心がけてください*



はちみつ大さじ一杯のカロリーは約62kcalほどなので、
目安としてはご飯の量を普通の半分くらいにするのが理想です。



睡眠時間は十分に確保する






成長ホルモンを十分に分泌はさせるには
睡眠の質と同様、睡眠時間も重要なポイントです。



人の理想の睡眠時間は7〜8時間と言われており、最低でも5時間以上は確保する必要があります。



しっかりと睡眠を取ることは脂肪の燃焼に効果的なのはもちろん
代謝のアップや日中の脳の働きの活性化などにもつながるため

健康にもとても大切なことです。





<スポンサーリンク>





おすすめのはちみつの食べ方




寝る前はちみつダイエットは、寝る前にはちみつを食べるだけなので
スプーンですくって直接舐めるなど簡単な食べ方で問題ないのですが

直接舐めるよりもさらにオススメしたいのが
温かい飲み物に溶かして飲む食べ方です◎




寝る前に温かい飲み物を飲んで体を温めると、寝つきやすくなり質の良い睡眠を取ることが出来ます。


夜しっかりと眠ることで寝ている間にも効率的にカロリーを消費出来る上、
日中も活動的に動けるので、自然と日々の消費エネルギー量を上げられることにもつながります。



またハーブティーなどはリラックス効果があり安眠効果もとても高く、ノンカフェインなので
普段からコーヒーなどを飲む習慣がなくカフェインに慣れていない方でも、寝付きにくくなったりすることなく、安心して飲むことが出来ます。



寝る間には特に安眠効果の高いカモミールの香りがおすすめです*





関連記事


さらに効果アップ◎おすすめのはちみつはマヌカハニー






ダイエット効果や安眠効果に加え、さらに健康効果を狙えオススメのはちみつはマヌカハニー です。


近年健康に良いと、どんどん注目度が上がっているマヌカハニー



主にニュージーランド原産のマヌカの木の蜜から作られているはちみつの事なのですが

普通のはちみつよりも殺菌効果が高いので
免疫力のアップや、その殺菌力を利用して虫歯の予防になるなど


体の健康を保つ上でも非常に良い効果がたくさんあります。



またマヌカハニーはのどにも良いため多くの歌手芸能人の方も愛用されていることでも注目されています◎



マヌカハニーはその効能の強さをUMFMGOという表記でしっかりと数値化し表示されているので
自分の好みの味、効能をいろいろと試してみるのも良いと思います⋆*✩



関連記事


寝る前はちみつダイエットで美味しく痩せ体質に*




甘くて美味しいはちみつを食べることで痩せ体質に近づける
食べる事が大好きな人にとてもオススメしたい、寝る前はちみつダイエット



気をつけるべきポイントをしっかり押さえて、美味しく理想的なダイエットに役立ててください🌟





参考 :



はちみつの効能とは?美容と健康に最も効果的な蜂蜜(ハチミツ)の食べ方、見分け方! - 店通-TENTSU- 「お店が主役」の飲食業界情報メディア


マヌカハニーに副作用やデメリットはある?使用時の注意点をご紹介 - マヌカハニーの通販サイト BeeMe




<スポンサーリンク>