Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット

本気で痩せる!半年で-10kgの減量に成功した経験から、独学で栄養士の資格取得を目指し勉強中◎辛い食事制限や激しい運動をせずに健康的に痩せる方法をご紹介していきます!◎

便秘に最強の食べ合わせ。バナナ×リンゴがすごい!

<スポンサーリンク>




つらい便秘や
ダイエット頑張ってるのになかなか痩せない。。という方に強くおすすめしたい


ヨーグルト×バナナ×りんご

という最強コラボ




実際に私は便通が良くないかな?という時も
これを食べるとほぼ確実にお通じがあります。




ダイエット、便秘解消に効果的な理由と
+αでさらに嬉しい
おすすめアレンジをご紹介します*



<スポンサーリンク>







ヨーグルト×バナナ×リンゴ




作り方は、そのまんま


ヨーグルトにバナナとリンゴをトッピング、または潰したりしてまぜるだけです🌟







おすすめの分量は

  • ヨーグルト 120g
  • バナナ 1/2本
  • りんご 1/2個

です*


りんごは皮の部分に栄養が豊富に含まれているため
流水でよく洗い、皮を剥かずにそのまま食べるのがおすすめです。



皮のままだと、赤い色で見た目も綺麗になるのも嬉しいポイントです◎





<スポンサーリンク>




便秘解消に効果的な理由




ヨーグルトとバナナ、りんごを一緒に食べることで
それぞれの持つ栄養素をさらに高める相乗効果がたくさんあるのです*



便秘に最強タッグ、乳酸菌×食物繊維




ヨーグルトは5大栄養素といわれるタンパク質脂質炭水化物ミネラルビタミンを持つ
バランスの良い食材ですが


その中でも1番有名で、
便秘解消に特に注目されるのが乳酸菌







善玉乳酸菌は腸内環境を整え、便秘の改善に良いと言われてますが

食物繊維はその乳酸菌のエサになるので
同時に食べることで腸内での活動をより活発化させてくれる効果があります。



実はヨーグルト自体には食物繊維は含まれていないので
果物の中でも食物繊維が豊富なバナナりんごと食べ合わせることで

ヨーグルトの乳酸菌の働きをより効果的に得ることが出来ます◎



ヨーグルトがダイエットに効果的な理由!カロリーと栄養素まとめ - Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット




また、バナナに含まれるフラクトオリゴ糖も善玉乳酸菌のエサになることで知られています。


フラクトオリゴ糖はバナナのほか、玉ねぎやゴボウなどの野菜、はちみつにも多く含まれています⋆*✩




知らないと逆効果!不水溶性食物繊維×水分




食物繊維が便秘の解消に効果的なのはよく知られていることだと思いますが

実は食物繊維には水溶性不水溶性の2種類があり、

水溶性:不溶性=1:2のバランスで摂るのが良いと言われています。



バナナとリンゴにはそれぞれ水溶性、不水溶性どちらも含まれていますが、特に不水溶性食物繊維の方が多く含まれているため

同時に十分に水分も摂取することが大事なポイントになります。





不水溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨張するため、
十分に水分が摂れている場合は便秘の解消に効果がありますが

水分不足だと腸内で固まってしまい
逆に排出されにくい固い便が出来上がってしまうのです。



普段の水分補給はもちろん
水分含有率の高いヨーグルトと一緒に食べることで
それぞれの持つ食物繊維の力も効果的に活かすことが出来ます◎




水ダイエットって本当に痩せるの?体験者のリアルな口コミ!効果的な水ダイエットのやり方と注意点まとめ◎ - Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット




食べ応え抜群で高い満足度




ヨーグルト、バナナ、りんごは
それぞれ腹持ちも良い食材なので

上記の分量で食べただけでもかなりの満足感を得られることが出来ます。



小腹が空いた時の間食として食べれば
間食でも高い栄養価を摂取することが出来るうえ
そのあとのドカ食いを防ぐことにもつながります。



また満腹感も高いので一食置き換えダイエットにもおすすめです🌟




<スポンサーリンク>




カロリー




それぞれの食品の100gあたりのカロリーは

  • ヨーグルト 約62kcal
  • バナナ 約86kcal
  • りんご 約54kcal

なので
上記の分量で食べた場合


ヨーグルト74kcal+バナナ38kcal+りんご70kcalで

約182kcalになります。



間食として推奨されているカロリーは200kcal以内なので
おやつとしてもカロリー範囲内で食べ応えもあり栄養価が高い、とても理想的なメニューと言えます。



太らないおやつの法則◎ダイエット中のお菓子はこう食べる! - Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット





目的別 +α アレンジ3選




ヨーグルト×バナナ×りんごでも十分に高い栄養価の食べ合わせですが
目的別でさらにして

栄養価アップの美味しいアレンジを3つご紹介します*



<スポンサーリンク>




+シナモン で体を温める






シナモンには血管の健康状態を良くし、拡張効果があるので
血行を促進し体を温める効果があります。


血行が良くなると体の代謝が上がりダイエットにも効果的なうえ、
冷え性などの改善にも効果が期待出来ます。



りんご、バナナと味の相性も抜群なので
たまに味を変えたい時にもおすすめのアレンジです*



ただしシナモンは大量に摂取しすぎると肝臓に負担がかかる食品なので
1日に小さじ一杯程度が摂取が目安になります。




+ナッツ でさらに満腹感アップ、生活習慣病の予防にも◎




ダイエット中のおやつとして最も最適と言われるナッツ





ナッツ自身も天然のサプリメントと呼ばれるほど栄養価の高い食品ですが

ヨーグルトと食べ合わせることで
固いナッツの細胞も壊れやすくなり、消化吸収しやすくなるため

ナッツの栄養の吸収量がグンと上がるとも言われています。




ナッツは太るのか、ダイエットに良いのか?カロリーとその健康効果まとめ。 - Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット




ナッツと違った食感があるバナナやりんごと合わせて食べる時は
バナナやりんごはナッツと同じ大きさになるくらい細かく切って、ナッツをヨーグルトに混ぜてからしばらく置くのがポイント◎


軽くナッツがふやけて、それぞれの食感を邪魔せずに楽しめるようになります。



バナナ、りんごとヨーグルトをミキサーにかけてスムージー状にしたものに
トッピングとしてナッツの食感を加えるのもおすすめです🌟



レンジで温めるだけ、ホットヨーグルトでさらに効果的に





ヨーグルトは温めて食べることでその栄養素をさらに効率良く吸収することが出来ます。



また温めることで体を冷やさず、代謝を落とさずヨーグルトを摂取できる点でもダイエットにとても効果的なのです。




ダイエットの基本のキ!基礎代謝を上げることでリバウンドなく健康的に痩せられる。 - Maison de ダイエット* 1年間で-10kg!本気で痩せる、健康ダイエット





さらにりんごの持つ食物繊維の一種であるペクチンオリゴ糖も温めるとさらに増える性質があり、
バナナは温めると甘みが増すので

ヨーグルト×バナナ×リンゴを温める食べる方法は2倍にも3倍にも嬉しい効果がいっぱいなのです。



ただ、ヨーグルトは温めすぎると乳酸菌が減ってしまうので
だいたい人肌くらいの40度程度、最高でも65度までの温度にすることが大切です。






切っただけのバナナやリンゴと一緒にレンジに入れてしまうと
ヨーグルトを温めすぎてしまうか、バナナやリンゴが十分に温まらないままになってしまうので

別々に温めたものを混ぜるか、スムージーにして温めすぎないよう注意するのが良いでしょう◎




<スポンサーリンク>




美味しくスッキリ、腸から美しく*




味の組み合わせとして美味しいのはもちろん、
栄養素の面から見ても便秘解消に最強の

ヨーグルト×バナナ×りんご

の最強トリオ。



朝ごはんにでも、おやつにでも、
それぞれのライフスタイルに合わせて美味しく取り入れて

腸から美しく、ダイエットにつなげましょう⋆*✩





参考:








\こっそり楽して痩せたい方にオススメ!/



<スポンサーリンク>